B級科学者もどきの憂鬱

とある理系になりきれない奴のつれづれなる活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信号処理のデバッグ法

信号処理は、普通は一度に大量のデータを扱います。
処理の内容は、ある数字列を別の数字列に置き換える演算が多いです。
その計算には大体、三角関数やΣやΠやらが使われます。

だから……ものすごくデバッグしにくいんです。

普通のプログラムなら、変数の値を追っていけば、
大体のバグはわかります。

でも信号処理では、値が二重ループ三重ループの中で順次計算されていくので、
本当に正しい計算を行っているのかどうかが確かめにくいのです。

正しい値を計算するには、関数電卓などを使って手動で計算するしかない訳ですが、
それを二重三重ループ内の変数に対して行うのは、あまりにもめんどくさいです。

出力されたデータをグラフにしても『多分これで合ってるんだろうな』
ということがわかるに過ぎません。

他の誰かが作ったライブラリと比較して、全く同じ結果が出ればいいわけですが、
そんなライブラリがどこにも無い場合はどうすればいいのでしょう?
今、これが一番の問題です。

それに、今やっている処理では、
グラフ上は何かそれらしい出力結果が得られているのですが、
他の人のライブラリと結果が微妙に異なっています。
実装方法が違うので、プログラム同士を比較していくことも難しいです。


誰か、いいデバッグ方法を知りませんかね?

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。