B級科学者もどきの憂鬱

とある理系になりきれない奴のつれづれなる活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは大事ですよね

実装があらかた終わって、
通常の用途には大体使えるようになってきました。
が、ここに来て大きな問題が発生しました。

プログラムの名前、全く考えて無かった……。
どうしよう?

リサンプルはしていないので、
resamplerと言う名前は付けられません。

将来的には、精度向上の面から
リサンプリングもする可能性はありますが、
それ以前にUTAUの公式音声合成エンジンの
プログラム名と被りますから無理です。

何かいい名前は無いものか。

UTAUの作者が前に公開した合成エンジンに、
phavocoというのがあります。
(現在は公開を停止しています)

PhaseVocoderというアルゴリズムを
基本にしたプログラムなので、
このような名前になったようです。

自作エンジンで使っているアルゴリズムは、
TD-PSOLAというものです。
どう略しても語呂が良くなりません(泣)

そもそもTD-PSOLA自体が
Time Domain Pitch Synchronous Overlap Add
の略ですから、これ以上略すのもどうかと……。

そもそも、TD-PSOLAの読み方もちゃんと分かりません。
普通に「てぃーでぃーぴーそら」
でいいんだろうか。
今まで脳内ではそう読んでたのですが。

誰か、いい名前を思いついたらご一報ください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。