B級科学者もどきの憂鬱

とある理系になりきれない奴のつれづれなる活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結構平気で根幹部分をいじっちゃう人

高音質モードの実装に向けて、
色々と内部処理を書き換えています。
今までより多くのパラメータを推定する必要があるため、
パラメータ格納ファイルの仕組みも見直しています。

そのため、次のバージョンでは、
パラメータファイルの再生成が必要になります。
皆様にはお手数かけますが、
推定精度も向上させますので許してください。

ただ、高音質モード自体は多分まだ出来ません。
かなり根幹の部分にまで手を入れる必要があるので、
まだ少し時間がかかると思います。

そして、高音質モード実装の際には
また再生成が必要になると思いますが、
高音質になるはずなので許してください。

そういえば、あれから色々あった結果、
実装項目が更に増えました。
もういくつあるのか数えたくありません。

resamplerと全く同じ動作はしない(出来ない)にしろ、
例えば、出力ファイルにnulと指定したら何も出力しない等の、
普通に使う限り表にはなかなか出てこないけど、
無いと困る機能というのが結構あることに気付いたので。

ただ、フォルマント修正系のフラグの扱いには悩みます。
TIPSはフォルマント修正を行う必要がないので、
似た効果を出すフィルタを適用することは出来ますが、
本来の意味で実装することは出来ないのです。

それでもいいというのであればまた考えますけど、
とりあえず需要は少なそうなので優先度は低めで行きます。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。