B級科学者もどきの憂鬱

とある理系になりきれない奴のつれづれなる活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くこと無いので趣味の話でも

この連休は、ずっと家に引き篭ってプログラム作ってました。
それなりには進みましたが、まだまだ終わりが見えません。

というか私、組むのが遅い気がします。
本格的にGUIを組むのは初めてなので、調べることが多いのと、
無駄に動作速度にこだわっているせいですかね。
だって、出来る限りチラツキとか抑えたいじゃないですか。

周りにプログラミング出来る人がいないので、
実際どうなのかはわからないんですけど。
でも、頭の中で組んである仕組みを早く実装したいのに、
別の場所のデバッグしている時はもどかしいです。

とりあえず今回はQtとか使わない予定ですが、
一段落付いたら勉強してみるのもいいかもしれません。

でも多分、自分用の一回こっきりのプログラムはともかく、
ネット上での公開を最終目標にした物は、
これからもやっぱりWIN32APIで書く気がします。
動作が速いのは正義です。

そういえばこの前、恋愛小説を読んでいたら、
キャラに合わないと言われました。
どうも私は、SFとか推理小説のイメージらしいです。

基本的にどのジャンルもそれなりに読みますけど、
私が一番好きなのはファンタジーです。
ミヒャエル・エンデは個人的最高峰の作家です。

ラノベは最近、友人に貸し出されたので読んでいます。
ライトだけあって、電車の中でも気楽に読めますね。
少し前に、『ゲーデル、エッシャー、バッハ あるいは不思議の環』を
同じように読もうとしたら、腕がつりそうになりました。
あれは家で机に座って読むべきです(アタリマエ)。

そんなわけで、読書とプログラミングは私の趣味です。
他にもありますけど、全て『頑張ればタダで出来る事』です。
お金ないですし!
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。