B級科学者もどきの憂鬱

とある理系になりきれない奴のつれづれなる活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっかのナベアツ

今日は久しぶりに日記的なことでも。

最近、空き時間に、友人と三人で
FizzBuzzというプログラムを組みました。

ルールはいたって単純。
1から100まで数字を出力します。
ただし、3の倍数でFizz、5の倍数でBuzz、
3と5の倍数でFizzBuzzを、数字の代わりに出力です。

1~10までなら、実行例はこんな感じ。
1
2
Fizz
4
Buzz
Fizz
7
8
Fizz
Buzz


で、普通に作っても面白くないので、
CodeGolf、つまり、どれだけ短く書けるかをやってみました。
使用言語は三人ともCを選択。

全員が五分ほどで出来、改行などを除いて出来た結果は、
177Byte、168Byte、137Byteでした。
それから、一番短かった人のソースを元に、
何とか100Byteを切れないかと一時間ほど粘りましたが、
残念ながら102Byteで時間切れになりました。

gccではなくVisual C++でやったので、
mainの返り値を省略出来ない等の事情もありましたが、
それでも少し悔しいです。

私は、CodeGolfという競技の存在は知っていましたが、
実際にやったのは初めてでした。
正直思った以上に楽しかったので、
今度また別のテーマでやってみましょうかね。

ちなみに、FizzBuzzのC言語での世界最短は、
今のところ、gccを使っての73バイトのようです。
勝てる気がしない……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。