B級科学者もどきの憂鬱

とある理系になりきれない奴のつれづれなる活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の活動

書くほどの事が無かったので、
またまたこんなに空いてしまいました。
最近やってることを適当に書き連ねていきます。


図書館で、前々からやりたかった、
テンプレートメタプログラミングに関する資料を借りてきました。
目から鱗のテクニックが満載で、とても楽しいです。

ですが、やはり万人向けではないと思いました。
STLやBoostのようなライブラリの作成者のように、
パフォーマンスと柔軟性を極限まで追求する人向け、
という感じを受けました。知っていて損はないでしょうけど。


最近歌い手になった知り合いに頼まれて、
歌い手用のMIXをやることになりました。
音楽の素養は素人だし、センスに至っては素人以下の私に何故、
と思わなくもないですが、知人曰く「理系だろ?」とのこと。
理論に関して「だけ」は多少知ってるけどね……。

とりあえずやってみたら割とお気に召したようでした。
多分これからも参加することになると思います。


TIPSの開発は少しずつ進めています。
動作速度と品質のトレードオフを実現するために、
合成モードをいくつか用意する予定です。

爆速モード、それなりモード、高品質モードの三つです。
もしかしたら、それなりモードと高品質モードの間に
イイ感じモードが入るかもしれません。
ちなみに、モード名は今考えました。

爆速モードは、速度をひたすら優先します。
その分、精度が多少犠牲になり、フラグが色々無効になります。
高品質モードは、論文三つぐらいの内容を
全部詰め込んだ処理を行います。
その分、時間は結構かかります。

元々は、速度と品質のトレードオフを
シームレスに設定できるようにするつもりでしたが、
色々検討した結果、こういう形に落ち着きました。

実現できないというわけでは無いのですが、
現在検討中のアルゴリズムには、
連続的に設定できるパラメータがわずかしかないので、
無理に実装しても、あまり意味はないと思います。

あと、現行のTIPSでは、BREは扱えませんけど、
現在開発中の物では扱えるようになる予定です。
フォルマント修正系のフラグについては、
今までどおり扱えません。

やろうと思えば擬似的に扱えないこともないと思いますが、
多分誰も得しない&結構面倒なので、
熱烈な要望がない限りは実装しません。

現状はこんな感じです。
実装予定はあくまで予定なので、
これからまた変わっていくかもしれません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。