B級科学者もどきの憂鬱

とある理系になりきれない奴のつれづれなる活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文明発展の方向性

本当はこの記事、昨日投稿するはずだったのですが、
寝落ちてました。すみません。
今回は、文明発展の仕方の話です。

時代が進むにつれ、身の回りを人工物が占める割合が
どんどん増えているように思います。

古代の、自然に大きく依存した社会から、
表面的でも自然の支配を免れた社会へと移行してきたというのが、
文明発展の歴史の大きな潮流であるように思えます。
その結果が現在の、電気や石油に依存する社会でしょう。

当然、どちらにも長所と短所があるでしょう。
だから、単純にどちらの方がいいのか、というのはわかりません。
では何故、こういう流れになったのでしょうか。

自然は、人間が自由にコントロールすることは出来ません。
しかし人工的に作ったものは、基本的に動作目的も使用法も
明確に分かっているので、大抵は自然よりも扱いやすいでしょう。

普通の人間は、変化より安定を求めるはずです。
なので、いつどうなるかわからない自然に身を任せるよりも、
扱い方の分かっている物の中で過ごす方が安心です。
なので、時代を経るにつれ人工物が増えていくのは必然だと思います。

この流れは人間の全時代を通して一貫して見られる傾向なので、
恐らくこの先も、少なくともしばらくは同じでしょう。
未来予測の一つの手掛かりになりそうですね。

今度は人工物の一般的な傾向についてです。
時代を追うにつれ、素材をそのまま使う度合いが
どんどん減っているように思います。

例えば、輸送機械について考えてみます。
古代であれば、丸太をそのまま使った「ころ」が、
もう少し進むと、素材の加工技術の発展から、
「そり」や「車輪」などが作れるようになります。
しかし動力としては、人力や馬など、天然に存在するものです。

ですが、十八世紀頃に蒸気機関が発明され、
蒸気機関車にも使われるようになりました。
この時点で、動力は人工のものに置き換わっています。
しかし、燃料は未だに天然の石炭でした。

今はガソリンエンジンや電気自動車の時代ですが、
ガソリンは石油を分留したもの、電気は発電機によるもので、
少なくとも、石炭よりは人工的に作られたものです。
ここまで来たら、素材そのままで使われている部分は、
もうほとんど無いと言ってもいいでしょう。

また、加工技術に関しても、曲げる、切る、削るなどの単純なものから、
鋳造する、分留するなどの、より複雑なものになっていきます。
大規模化、複雑化の傾向は、現代においてますます加速していますよね。

今見た文明の発展度合いを定量的に測定することが出来たら、
未来的技術の実現に関する予測について、その信憑性を高めるための、
一つの指標になるのではないかと思います。

ただ、どうやって数値化するかは難しいところです。
『その物と同等の物を作るために必要な技術が出揃った西暦』
とか考えましたが、これだと、皮革の加工技術だって進歩しているはずなので、
ワニ革の財布とパソコンが変わらないという変な結果になります。
でも直感的には、『文明度』はパソコンの方が高いように感じますよね。

文明の発展についてはもう少し色々考えたい部分があるので、
また続きを書くかもしれません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://scientistb.blog42.fc2.com/tb.php/132-980533ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。