B級科学者もどきの憂鬱

とある理系になりきれない奴のつれづれなる活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうならないように、がんばっています!

題名の元ネタが分かった人は、
多分私と話が合います。


大改造、とりあえず終了しました。
でも、問題は次から次へと出てきます。

最も優先すべき課題は、ピッチの検出精度改善です。
音源によってはとてもイイ感じに検出できるんですが、
別の音源ではアララな感じに。

ちなみに、ピッチが上手く検出出来れば、
合成時のノイズ発生量がかなり抑えられます。
逆に、検出できなければ悲惨です。
だからこそ最優先課題です。

というわけで、今どうにかして
精度を向上できないか試行錯誤中です。

それに、まだ自分の中で
納得出来る実装じゃないんだよね……。

どっちかというと研究者寄りの思考なので、
ヒューリスティクスを使いまくってしまった
今のプログラムのままでは、何だか負けた気がします。

他にも大きな問題がいくつもあって、
いつになったら納得できるコードになるのか
全くわかりませんが、試験公開は近日中にします。

正式公開の時は、紹介動画も作ってニコ動に上げます。
アルゴリズムの詳細もそこで解説する予定です。
「なるほど、わからん」や、これに類するというタグを
付けられないようにしたいですが、まぁ無理でしょうねw

未来の事を色々言いましたが、
正直いつになるかわかりません。
どうか気長にお待ちください。


さて、言いたいことが終わったところで、今回の成果。
前と同じく、重音テトで「きらきらひかるー」

改造終了記念デモ

安定した品質になってきた気がします。
でも、大して違わないような気もします。
つまりもっと改良しろってことですねわかります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://scientistb.blog42.fc2.com/tb.php/59-d1ae4486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。